なんでこんなにかかってるんだろう?!計算してびっくりの生活費

結構節約しているつもりで、ちりもつもれば形式で増えていってしまう出費。
我が家は一か月の生活費を袋わけにして、それ以上使わないようにしていますが、

その内訳をお話しすると…

一か月の生活費内訳
まずは、分譲マンションのローンと管理費、固定資産税で10万円
生命保険家族全員分で1万5千円
NHK2千300円
義理母が特養老人ホームに入っていて、その費用の補てんとして3万円
子供の保険代3千800円
主人小遣い5万6千円
育毛剤8千円
サプリ2万5千円
新聞4千500円
給食費4千円
教育費3千500円
お稽古代8千円
光熱費3万3千円
クリーニング代4千円
食費3万5千円
日用品5千円
レジャー外食費5万円
ビール代2万円
携帯代8千円

しめて総額38万5千100円です!

かかりすぎ~~~!なんとか節約したいのですが、
結局何にかかっているかというと飲み代と健康美容維持のためのサプリや育毛剤なんです。

主人のお小遣いの出費のほとんどは会社で出張が多いので、
その出先で、取引先との接待や自分へのご褒美的に訪れる地元のグルメを堪能することに使われています。

また、出張がなくても毎晩の晩酌代が月一万円。会社の近くの立ち飲み屋で毎日ほろ酔いセット的なものを飲んで帰ってきています。

あと、家呑みのビールもたかくついてます。
外食レジャーでの5万円のうちわけも、ほとんど酒代です。

子供がまだ低学年なので、レジャーはなるべくお金のかからない公園など
無料施設に連れて行ってますが、その帰りに一杯となって、それが高いのです。

さらに、主人が結構高齢ですので、年を取るとともに、健康管理も大事になってきます。
主人は10種類ほどのサプリを飲んでいて、アメリカから安いものを取り寄せていますが、ちりもつもればですごいことに!

身を粉にして働いてくれている夫、そのストレスで酒を飲み、サプリを飲む。
まずは、もう少しアルコール代を安くする方法を考えなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です